さいたま市西区にある美容室【hair esthe N.E】オーナーハナチャンのブログ


by ksbi-NE
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ダブルカラー

本日来店されたお客様。

大学生の女の子。

中学生の時からいらしていて、

サークルでヒップホップダンスをやられているオシャレさん。

初、ブリーチ。

最近又、ブリーチ&カラーが流行なんですね。

いっとき、暗めカラーがトレンドだったのに。

また、また、あのダメージの時代がやってきた。

実際、美容師としては、危険が伴う技術なので、ほんとーはやりたくない!

でもこれ又、美容師として、やってやろーじゃないの!!

の…葛藤(笑)

と、いうのも、ブリーチは色も抜くけど、髪の栄養も抜かれてしまう。

その上、そこに又、色を入れるという、ダブルのダメージ効果…(~_~;)

日本人の黒髪は赤色メインの集合体なんで、

ブリーチすると時間と共に黒→赤→オレンジ→黄色→ペールイエロー(白に近い)と抜けていきます。

例えばメンズに人気&今のぱみゅぱみゅさんの髪色のアッシュ系なんかは、

赤色が残っていたら、まず、キレイに出ない。

なんで、ペールイエローまでブリーチしないと難しい(`_´)ゞ

若い子に人気の、ピンクベージュのヌーディーな色なんかは、多少、オレンジが残っていても入りやすい。

ちなみに、私が今やってるダブルカラーは、バイオレット系の15トーンブラウン。
ついでに言うと、日本人の黒髪は、3トーン位が普通です。

だが、しかし、ブリーチは時間をおけば、おくほどに、髪はリカちゃん人形や、トウモロコシのふさみたいな手触りになる…

今、30代の方は知ってるだろうが、ホワイトブリーチが流行った時に、大変な事になった。

基本、日本で薬事法云々で大丈夫な過酸化水素(脱色剤)の濃度が、6%までなんだけど、

薬局にて、記名&印鑑で、30%の過酸化水素が簡単に買えるんですな。

当時は、まだ、私も若かった。

店長やってるサロンで、さぁ、こい!私がカラーリストや!

ホワイトブリーチ?やってやらー!位にトンガっていたので、過酸化水素を購入して、

ブリーチやりたい!言うとるおにーちゃん達に

髪の毛切れ様が、クレーム無しね(`_´)ゞ

と約束させたりして、

過酸化水素18%あたりを調合して、やってあげたりしてました。こわっ(((o(*゚▽゚*)o)))

でもね…

今はさ、デジタルパーマや、カールアイロンやらで、さらに、ダメージ要素が有りすぎる上に、ダブルカラー流行りじゃん(T_T)

いやいや。大変なんだって、実際。

うちなスタッフも、ほぼ、逃げるよ。

ヤダ!怖い!って。

でもさ、美容師根性が出てしまうんだよね。

前出の、ダンサー大学生…

ちょい前に矯正&デジパー済み(ヒエ~)

案外、丈夫そうではある。

元々、ピンク系12トーンの髪色。

それを、15トーンのアッシュ系に変えたい希望。

ブリーチ二回。

それも、CMCという、キューティクルの間にあるとても大切な部分(薬剤などの通り道)

に作用する、トリートメントをたっぷりつけたりして(つきっきりで)

だが、しかし、普段、サイドばかり念入りにカールアイロンを使用してる彼女(T_T)

ブリーチの抜け具合が、やはり、サイドだけMAXにダメージ。一気にペールイエローまで。

でも、あまりダメージが少ないバックは、まだ、オレンジが残る。

はっきり言って、ムラ。

でも、バックをサイドの色に合わせるという事は、まだ、MAXにダメージしてないバックまで、サイドと同様にMAXダメージにするって事にもなる。

そこは、やはり、髪は女の命やで。

そして私も案外、心臓ちいせーぞ(笑)

ブリーチはそこで終了。

次に乗せていく、色味で、ムラを調整するべ!

と努力(((o(*゚▽゚*)o)))

ブリーチがペールイエローまでいってなくて、黄色止まりの場合は、

アッシュ系ブラウンにするときの大切な要素は、アッシュって、青が入ってるカラーなんで、黄色&青だと、確実に緑になるじゃん。

絵の具と同じさ。

なので、アッシュ系ブラウンの薬剤に、赤を少し入れて染めてあげるってのが、ミソなんだけど。

なぜなら、緑を消す色が赤なんだな。

でもさ、ダンサー大学生。

サイド、ダメージすご過ぎて、美容師目で見て、多少それでも、少しだけ、グリーンアッシュになった。

いやいや、素人目じゃ、わからんだろうが。

なんつーかさ、もちろん、最初のピンク系ブラウンは影をひそめて、

確かに希望通りになったけどさ、

美容師的には、トホホ(T_T)だよね。

もちろん、CMCトリートメント2000円は

押し売りしたし(だって、それしないと多分セット出来ないもん)

ウチの店の今年のテーマが、とにかくダメージしない技術!

だったし、スタッフミーティングもしてたし、ディーラーにも、わからないケミカルの事もいっぱい質問しながら、スタッフ教育してたからさ。

お客様の希望通りの施術は出来たけど、

結局、すんげえ、ダメージ。

説明はたっぷりとして納得の元でやるにはやるけど、

むなしさが残るよね。

ダンサー大学生、しめて、20000円少し超えのお会計。

色は希望通り。

ダメージMAX。

何なんだ!?

流行!!
[PR]
by ksbi-NE | 2012-06-25 00:09